禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

無門関 【香厳上樹】(きょうげんじょうじゅ)第五則

★既に樹に上りたる時は「牟ムウウ、牟ムウウ」是れ口を開かずして西来意を語っている處じゃ。

★いまだ樹に上らざる時は「ワン、ワン、ワン」是れ早く口を開いて腸を見せるのじゃ。

(素玄居士)

 

無門関 【香厳上樹】 (きょうげんじょうじゅ)第五則

坐禅したから、悟れるものでもないし、禅寺の専門道場に、木像仏よろしく鎮座したからといって、何の取柄もない人に仕上がるだけだ。坐禅するのが禅ではない。坐禅をしよう・・と思うそのことが、どこともなく湧いてくる。大事は、この点につきる。

この香厳は、潙山に参禅して18年、侍者の香厳を指導したが、禅機、熟さず、武當に庵居していた。ある日、庭掃除のとき、石コロが、かたわらの竹に当たって「カチン!」と音を立てた。そのトタン・・禅とは何か、達磨が、はるばるインドから、中国に何を伝えにやってきたのか(祖師 西来意)・・言葉にも文字にも出来ない禅の大意を、自覚というより、生きる彼、全体で認知された・・認識したのである。これは体覚した・・というほうが素直でよい。

この公案は、例えるなら・・禅の大意を、手足を縛られ、口に木の枝を銜(くわ)えさせられて吊るされる中、樹下には飢えた虎がいる・・絶対絶命の状況で・・自分なりに覚悟した意見を表現してみせよ・・との、口八丁、手八丁の禅者モドキを篩(ふるい)にかける問題だ。

*篩とは何ですか?そんな拷問のようなキワドイ話はごめんですという輩は相手にしていない。命がけで、自己とは何か・・安心とは何か・・禅とは何かを追及したい・・坐禅をしたい・・と思う心に問いかける者を対象にした千年前の(現代も変わらない)禅者の一語なのである。

 

この則の後ろに、次のような附則がついている。

上座あり。出でて問うて曰く「人の樹上に上る時は問わず。未だ樹に上らざるとき如何?」師、笑うのみ。

この附則、蛇足です。樹上に縛られていようと、下に猛虎、大ワニがおろうと、大ケガをしようと、また、禅とは「こんなものです」と表現すること自体、大間違い。喪身失命(そうしんしつみょう)となる。

樹上にあろうと樹下にいようと、禅者は不昧因果(ふまいいんが)、青空のような清々しい露裸裸(ろらら)な生活であれば充分。それが判らなければ、手に入れるべく、工夫粘弄(くふうねんろう)するのが一番です。

 

つまり、香厳の問いに答えてはなりません。3分間独りボッチ禅は、まず、この問いかけに、どうにもならず、目だけがギョロギョロ・・鬼の目になって坐り込むところから、ホントの坐禅が始まります。

樹下にあつては如何?・・の問に、香厳、おかしくなって笑った・・とありますが、徳山、臨済なら三十棒、雷喝一声、天地驚く・・手立てでしょう。

 

禅を、まるで お寺の木像仏のような、悟りすましたイメージで理解してはなりません。禅は、宗教ではありません。自我意識を捨て果てて、その捨て果てた心境も捨て去って、ただ独り、自知される・・のが禅です。

 

素玄居士の頌(じゅ)と意訳で、頭でっかちの禅モドキは吹き飛んだと思います。

以下、原文和訳しました。さらに屋上屋を重ねる意訳はしません。

【本則】香厳和尚云く

人の樹(じゅ)に上るが如し。

口に樹枝を啣(ふく)み、手に枝を攀(よ)じず、脚(あし)樹を踏まず、

樹下(じゅげ)に人あって西来意(せいらいい)を問わば、對(こた)えずんば即ち他の所問(しょもん)に違(そむ)く、若(も)し對えなば、また、喪身失命(そうしんしつみょう)せん。まさに恁麼(いんも)の時、作麼生(そもさん)か對えん。

無門曰く

たとい懸河(けんが)の辯(べん)あるも、惣(そう)に用不着(ようふじゃく)。一大蔵経(ぞうきょう)を説(と)きうるも、また用不着。もし者裏(しゃり)に向かって對得着(たいとくじゃく)せば、従前の死路頭(しろとう)を活却(かっきゃく)し、従前の活路頭(かつろとう)を死却(しきゃく)せん。それ或いは、未だ然(しか)らずんば、直(じき)に到来(とうらい)をまって、彌勒(みろく)に問え。

頌(じゅ)に曰く

香厳 真に杜撰(ずさん)なり。悪毒盡眼(あくどくじんげん)なし。衲僧(のうそう)の口を唖却(あきゃく)して、通身に鬼眼(きがん)を迸(ほとばし)らす。

 

☆★☆★湯 沸(わきた)って茶を淹(い)るるによし(素玄居士)☆★☆pc買い替え、未熟のため6/21まで、このまま!

無門関 【胡子無鬚】(こし むしゅ)第四則

【本則】或庵(わくあん)曰く・・

西天の胡子(こし)何に因ってか鬚(ひげ)なき

蘆葉(ろよう)の達磨(ひげむじゃらの達磨さん)・・この多毛の外人に鬚(ひげ)がない。ひげがあるのにそれを鬚なし・・という。これはどうしたことか。

 

南半球の夜空で北斗七星を探す・・そんな論理や知性から矛盾したことを『解く』のが禅であり、それを体観することを『悟り・大覚』というのなら『禅は訳の分からぬ問答をこねくり回して人を騙しているのではないか』となります。また、思考分別の範疇外(はんちゅうがい)のものを表現せよといわれて(公案にはそんな難題が沢山あります)あえて表現しようとすれば、まるで気が狂ったような言い方にならざるえません。

かえって禅は【父母未生以前(ふぼみしょういぜん) 本来面目(ほんらいのめんもく)】・・父母の生まれぬ以前の「自分とは何か」・・とか、私の座右銘とする【何似生】(カジセイ・比較コピペすべきもない自分とは】とか・・

言詮(げんせん)できない「矛盾そのもの」を、論理的思考(脳)に刺激を与えて、解決することを要求するのです。

 

『無門関』や『碧巌録』は、禅を会得して生活をするためのいわば問題集。その中身は単純明快。因果由来を無視してズバリ矛盾の問題をつきつけます。そして先達の見解(偈げ)・頌(じゅ)・評語(ひょうご)は、数行、末尾に附記されています。

禅のパスポートでは、各則の冒頭、禅は宗教ではないと喝破した、素玄居士の見解を最初のタイトルにしています。

●無門関も碧巌集にも評とか頌とか提唱する者の見解がチャント道われてある。

それを提唱に附けなければ値打がわからん。この頃の提唱には無いようじゃが、それは卑怯で、つまり未悟底なのじゃ。

この素玄曰く・・は、正札をブラ下げて店先に並べたのじゃ。たいして値打がないので恥ずかしい限りじゃが、本にした以上、これが責任じゃ。

高いか安いか、さらしものじゃ。頌としなかったのは取材や文体の自由を欲したからである。

緒言 略記。「提唱 無門関」素玄居士(高北四郎)狗子堂 昭和12年刊

 

無門曰く、参はすべからく實参(じっさん)なるべし。

     悟はすべからく實悟(じつご)なるべし。

者箇(しゃこ)の胡子(こし)、

直(じき)に須(すべか)らく親見(*しんけん)一回して始めて得(う)べし。

親見と説くも、早く両箇(りょうこ)となる。

坐禅して見性(大覚)しなさい・・の意。

*悟って見解(けんげ)を述べても、有・無の対立意見でしかないことに注意!

 

口先の観念論では透らない。

第四則は、公案のなかでも特に禅機はつらつ・・ピチピチ躍動している問いです。万巻の禅の解説本をひも解いても、この公案一則の透過、見性にかないません。まして「役立たずの独りポッチ禅」でなければ、自覚出来ないのです。

 

頌(じゅ)に曰(いわ)く 

痴人面前(ちじんめんぜん) 夢を説(と)くべからず。

胡子無髭(こしむしゅ)

惺々(せいせい)に懞(もう)を添(そ)う。

余分なことですが、鬚の有る・無しに拘泥(こうでい)したり、南半球の夜空に、北斗七星を探すなどの言葉に釣り上げられてはなりません。

どの公案でも、その公案の事象について回る答えであれば正解ではありません。

*蘆葉(ろよう)の達磨・・インドから蘆の葉で作った粗末な船で中国に海路をやってきた達磨さん・・の意。

*惺々(せいせい)に懞(もう)を添(そ)う・・「懞」とはカスということ。、清水に汚れた泥を加えること・・この公案、本当に言うべきことも無く、説くべきこともない。真の惺々諾(せいせいだく)とせず、いかにも禅を修行したとか、坐禅を修行したとかいう者がいる。(山本玄峰著 無門関提唱 大法輪閣発行)

禅は、三分間の独りイス禅(ポッチ禅)から始めるにしても、無門曰く【實参・實悟なるべし】と・・玄峰老師や無門老師の言葉・・忠告しておきます。

 

「禅」の頂上が見えてきたら、地図・解説など眺めている閑も必要もありません。ヒタスラ登るだけ。おせっかいな道筋案内、地図は、かえって迷いがでて邪魔です。捨てねばなりません。

つまり独りポッチ禅は、寝る禅、トイレ禅、寝起き禅、食前・食後禅、休憩禅、仕事禅、入浴禅など、やれる範囲で寝ても覚めても、おりおりに行(おこな)ってください。スマホで遊ぶのと違い、たったの三分間・・ですが、はじめは三十分位の長い時間に思えます。たかが三分・・されど三分、独りポッチ禅です。

会(有)難うございました。折あれば「はてなブログ 禅者の一語」ご覧ください。

 

◆肥後の神、鉛筆削りの手がそれて「あいたゝたゝ」と、口は云うなり(素玄居士)

無門関 【倶胝竪指】(ぐてい じゅし)第三則 

俱胝老師は、求道者が問答に来るたび、何事も語らず、ただ1本の指を立てて示すだけ。それでも、巷(ちまた)で話題になり、関心を呼んだ。禅庵には、世話をする小僧がおり、使いのついでに見かけると、求道者が声をかけた。

「俱胝さんは、日頃、どんな様子の説法をなさるのだい?」

小僧は見慣れた風でスッと指を立てて見せる。

他愛もないコピペだった。

トコロガ・・ある時、老師の指立て問答を小僧がやって見せている・・との噂を聞いて、俱胝、機至れりと小僧を呼んだ。「わしの説法、どんな様子だ」と、尋ねたトタン・・小僧、いつもの伝で、指を一本、スッとたてた。俱胝、すばやく小刀で、その立てた指をチョン斬った。

ワッとびっくりした小僧、指先から血を吹きだして、泣きながら逃げ出した。

俱胝老師、すかさず逃げ去ろうとする小僧の名を呼ぶ。

小僧が振り返りざまに、俱胝は、問答の「一指頭」・・指を立てたのである。小僧は、一瞬、血の出る指を立てかけて・・自分を忘失。大悟した。

(その後、小僧の名や消息、切られた指の行く末は記述にない)

 

後日談・・俱胝老師が遷化なさる時、我は・・師の天龍から、たったの指一本の「禅=禅による生活」を得たけれども、生涯、使い切れなかった・・と言われた。

*この公案は「達磨安心」の不可得(ふかとく)。日本の白隠「隻手音声(せきしゅおんじょう)片手の声を聞く」の公案、同意です。

ただし・・マネごとでも人は危(あや)めるなかれ。生兵法は大けがのもと。

倶胝和尚には、門前の小僧が相当の禅境(地)に達している・・との見極めがあったからこその禅機・発揚の行動です。

  

         【本則】倶胝(ぐてい)和尚 凡(およ)そ 詰問(きつもん)あれば

   唯(ただ)、一指を挙(こ)す。(禅の質問には指を立てるだけ)

   後に 童子(どうじ)あり。因(ちなみ)みに外(の)人問う。

   和尚 何の法要(ほうよう)をか説(と)く。

   童子も亦 指頭(しとう)に竪(た)つ。(和尚と同じに指を立ててみせた)

   胝 聞きて 遂に 刃をもってその指を断つ。

   童子 負痛號哭(ふつうごうこく)して(あまりの痛さに泣き叫んで)去る。

   胝 復(ま)た 之を召す。(俱胝和尚、すかさず彼を呼び返した)

   じゅ童子 首を回す。(その振り向きざまに・・)

   胝 却(かえ)って指を竪起(じゅき)す。(ジュキ=立てる)

   童子 忽然(こつぜん)として頓悟(とんご)す。(突然に大覚した)

 

   胝 将(まさ)に順世(寂滅じゃくめつ)せんとす。

   衆に謂(い)いて曰く。

   吾れ天龍(倶胝の師から)一指頭(いっしとう)の禅を得て、

   一生 受用不盡(じゅようふじん・使いきれず)と。

   言い訖(おわ)って滅を示す。(亡くなられた)

 

無門曰く、この公案で『ハハ・・ン』と得心しなければ、次のチャンスはないぞ・・

この悟境を手にすれば、釈尊・達磨・天龍・俱胝・童子すべて差異はない。

  *無門曰く、

   倶胝 並びに童子の悟處(さとるところ)は指頭(ゆびさき)の上にあらず。

   もし、このうらに向って見得すれば、

   天龍同じく俱胝並びに童子と自己とを一串に穿却(せんきゃく)せん。

 

指が一本とか・・はたまた両手を開いて全部見せたところで、こだわり、妄想が増えるだけ。

かって、倶胝和尚は坐禅中に、悟道の尼さんに禅床(ぜんしょう)を三回、回られ『道(い)い得れば留まろう』と詰問(きつもん)されて答えられず・・後日、師の天龍和尚に尼さんのことを話したところ、天龍は何も言わず『一指を竪て』て、禅境を曝(さら)け出しました。

俱胝和尚はここで「廓然無聖(かくねんむしょう)」碧巌録第一則(からりと晴れた青空のように)大悟したのです。

その上、義理堅く、一生 指頭禅(しとうぜん)を使い続けて、なお、お釣りが来た・・と大喜び。

ただし指先じゃなく倶胝の腹元・足元をしっかりと見極めることが大事です。

金華俱胝和尚(金華山・・不詳。仏教迫害の武宗皇帝・・845年頃。師は杭州天龍)

碧巌録第十九則「俱胝只竪一指(ぐていしじゅいっし)」と同義公案

 

頌に云く、黄河に太華山あり。洪水の季節に、この山があるため、人々、氾濫に苦しむ。これを巨靈神が難なく手をもって華山を二つに分け、難を除いたとの逸話がある。

俱胝が小僧の指を断って、大悟せしめた功徳と同じ・・との意。

   頌に云く 俱胝、老天龍を鈍置(どんち)す。

   利刃を単提して小童を勘(かん)す。

   巨靈(きょれい)、手をあぐるに多子(たし)なし。

   華山の千萬重を分破(ぶんは)す。

 

●折あれば・・「はてなブログ 禅者の一語」碧巌の散策(碧巌録 意訳)ご覧ください。

●百丈山 堕脱の老人、東京街頭 脱堕の野狐(素玄居士)

  • さあ・・それでは、これから無門関四十八則・・

(第一則は、ラストにして)第二則から紹介いたします

 野狐(ヤコ)禪についてお話します。

無門関 第二則『百丈野狐』にある禪の達道者は、はたして因果(いんが)応報(おうほう)の世界に堕(お)ちるか・・どうか・・の有名な公案(問題)です。

「人生、原因あれば結果あり。罪をつくれば報いあり」と、解かりやすい話だけに、チョット物知り顔で禅の解説をしようものなら「アンタ、ヤコゼンネ」と、たこ焼きでも食べたように批判されます、坐禅をすると、言葉や考えの元「文字」のアヤフヤサに否応なく気付きます。

当てにならないのです。例えば「熱い」といっても、物質(の電子運動量による)が、どの程度、熱いのかは、時々刻々と変化していて、比較のしようがありません)正確には解からないものを、一応、相対的な基準値を設定して、わかったことにしておく・・のが言葉、文字、法律、物理などの世界です。

だから、言葉(文字)、哲学、理論で、禪の何たるかを理解しようとしても、無理だというのが、この百丈野狐、禪の核心にふれる面白いところです。

不昧因果の師・百丈と弟子・黄檗のやり取りが劇的です。

ここではキツネから出戻りした「禪による生活」のサワリを現代風に紹介します。

 無門関 百丈野狐(ひゃくじょう やこ)第二則

【本則】昔、百丈和尚の禪講座をたびたび聴きに来る老人が言いました。私は、五百生(代)の以前、当山で修行していた者ですが、ある時『大修行底の人は、因果応報(いんがおうほう)の苦厄(くやく)に堕ちるか?』と問われて『不落(ふらく)因果(因果関係に落ちない)』と答えました。トタンに、虚言を吐く口頭禪(こうとうぜん)の輩(やから)とばかり五百年間、野狐に変身させられております。

・・どうぞ助けてください。

百丈『では、問いなさい』

老人(野狐)『物事の事理に明るく、我利に執着せず、精進(しょうじん)修行(しゅぎょう)する人は、因果律(いんがりつ)に拘束(こうそく)されない・・不落(ふらく)因果(いんが)ですか?』

師 曰く『不昧(ふまい)因果』

因果を昧(くら)まさず、因果に昧(くら)からず。

因果応報の世にあつて、因果と戯(たわ)ぶれ、応報に遊ぶ・・

この一転語(いってんご)で、老人は、野狐身から脱(ぬ)けられた・・という。

後に山の岩穴に、狐の死骸をみつけて、丁寧に弔ったが・・ここから第二則の本題・・ 

大事です。

その夜、百丈は弟子の黄檗(おうばく 後の黄檗宗開山)に、野狐になった求道者の話をした。

黄檗、鋭く師を問い詰めます『もし、その老人が、誤りなく〔不昧(ふまい)因果(いんが)〕と答えたら、どうなりましょうや?』

師『近前来(きんぜんらい・もっと近くにおいで・・お前だけにそっと教えよう)』

(ここは探竿影草(たんかんえいそう=水中の藻を竿で探る・・相手の出方・力量をさぐる言葉・・用心!)

もし百丈・・【その求道者 不昧因果と正解を答えても『やはり野狐身だ』などと言おうものなら、この芝居ぶちこわしです。お前だけにそっと教える真実・・どんなことか。

近くに来いと言われた黄檗は、師の前に来て、いきなり師の頬を平手打ちした。

(ピシリと打つか・・むしろ、ここは・・ご老師よ、化かされずに目を醒ましなさいと、ポンポンと軽く頬を叩く風にした)これに百丈 手を打って大笑い。

弟子=黄檗の対応、その仕草を高く評価したのです。

そして・・『胡人(こじん)の鬚(ヒゲ)は赤い。さらに赤ひげの胡人がいる』と芝居のくくりこみをした。

つまりは大見得の見解(けんげ)をご披露したのです。この名優同士の仕草は見ほれるばかり。だるまさんの髭は赤い。さらに赤髭の達磨がいる・・。

  【本則】百丈和尚、凡(およ)そ参(さん)の次(つい)で、一老人あって常に衆に從っ   

  て法を聴く。衆人退(しり)ぞけば老人もまた退く。

  忽ち一日退かず、師遂に問う。「面前に立つ者はまた是なんぞ」

  老人云く「諾(だく=ハイ)、某甲(それがし)は非人なり。

  過去、迦葉佛(かしょうぶつ)の時においてかってこの山に住す。

  因(ちな)みに学人問う

     「大修行底(たいしゅぎょうてい)の人、因果に落つるや、また なきや」

  某甲對(こた)えて云く「因果に落ちず」と。

       五百生野狐身(ごひゃくしょうやこしん)に堕(お)つ。

  今請(こ)う、和尚代(かわ)って一轉語(いってんご)せば

       貴(たっとぶ)らくは野狐を脱せしめよ。

  遂に問う「大修行底の人、還(かえ)って因果に落つるや也(また)なきや」

  師云く「因果を昧(くら)まさず」と。老人言下に大悟し禮をなして云く。

 「某甲、すでに野狐身を脱す。山後に住在せん。あえて和尚に告(もう)す。

  乞う、亡僧(もうそう)の事例(じれい)に依(よ)られんことを」と。

  師、維那(いのう・庶務担当)をして白鎚(びゃくつい・板を叩いて)

      衆に告(つ)げしむ。食後(じきご)に亡僧を送らんと。

      大衆言議(ごんぎ)す。一衆(いっしゅ)皆安(みなやす)し、

       涅槃堂(ねはんどう)にまた人の病(や)むなし。何が故ぞかくのごとくなる。

       食後にただ師の衆を領(りょう)じて、山後の巌下(がんか)に至(いた)り

       杖をもって一死(いっし)野狐(やこ)を挑出(ちょうしゅつ)して

       即ち火葬に依(よ)るを見る。

  師、暮れにいたって上堂、前の因縁を擧す。

  黄檗すなわち問う

 「古人、錯(あや)まって一轉語を祇對(したい)して五百生野狐身に堕す。

  轉々錯(てんてんあやま)らずんば、この甚麼(なに)とか作(な)る」

  師云く「近前來(きんぜんらい・まえに来なさい)

  かれがために道(い)わん(言って聞かせよう)」

  黄檗、ついに近前して、師に一(いつ)掌(しょう)をあたう。

  師、手を打って笑って云く「将(まさ)におもえり、胡髭赤(こしゅしゃく)と。

  さらに赤髭胡(しゃくしゅこ)あることを」

無門云く、不落因果、なんとしてか野狐に堕す。

不昧因果、なんとしてか野狐を脱す。

もし者裏(しゃり)にむかって一隻眼(いっせきがん)を著得(じゃくとく)せば、すなわち前百丈をかちえて、風流五百生を知得(ちとく)せん。

 

頌(じゅ)に云く「不落不昧(ふらくふまい) 両采一賽(りょうさいいっさい)・・(二つのサイコロが、おなじ目を出す)

不昧(ふまい)不落(ふらく) 千錯萬錯(せんじゃくまんじゃく)」・・(どちらの場合も、間違い、大間違いだ)

 

無門云く どうして不落因果で野狐(やこ)に堕(だ)し、不昧因果で野狐を脱却(だっきゃく)できるのか。

得道の者なら、五百年野狐たりしことも也風流(やふうりゅう)・・(因果の世界も悪くはないぞ)

(注)これで禪の何たるかが解かった・・というのなら再び『野狐』へ逆戻りです。

 

頌に云く 禪は、大学や入社試験の口頭面接じゃあるまいし、言い訳など一切不要。誰にも教わらない、自分とは・・の大発見。大発明の「一語」が身に着いているかどうか・・身に着いておれば、二つも三つも、四つも五つものサイコロの目を、何度でも、ゾロ目にすることはたやすいことだ。

【附記】道元の語に「心身脱落・・脱落心身」とある。先の、「胡人の髭赤、赤髭の胡人」の読み取りよう・・誤解すれば、迷いに迷うことになる。

禅は学問ではない。解説は不要ですが、禅の極所にいたる道筋はいくらでも話すことができます。無門関を解説する者は、公案に透っていることを見せねばなりません。無門関、碧巌集には必ず「評」とか「頌」とかチャント載っているのに、残念ながら、現代の師家、提唱者は見解(けんげ)を披露しません。これは密室の参事・・師と弟子の二人でコッソリと・・言い訳していますが、要は未悟、透過のしていない証拠。

山本玄峰老師の無門関提唱(大法輪閣昭和35年)を読むと・・「この則は難透の公案の一つだが、自分ほど徹底した者はないと思う。この則でずいぶん骨折ったが、徹底した自信がある。何としてか野狐を脱す・・一隻眼というても片目じゃないのだぜ。右にも左にもつかんところの心眼、摩醯首羅(まけいしゅら)の一目といって、真ん中にタテに切れてひとつ・・」と、土壇場ギリギリの提唱。あとは、チョット線香臭いが。良寛の「裏を見せ表を見せて散る紅葉」それに・・戦前、禅は宗教じゃないと喝破した素玄居士(高北四郎)の提唱位しか、ズシンとくる見解(けんげ)は見当たらない。

●百丈は奇特な事として「独坐大雄峰」の一語を発した禅者だが、胡人の鬚赤にして赤ひげの胡あり・・と、自分で自分が可笑しくなって、手を打って大笑い・・したそうな。

 

サナギが蝶になるように・・禅のパスポート=【無門関むもんかん】を意訳します

禅のパスポート=無門関 意訳 2017-4-29~

続きを読む