禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

無門関 【香厳上樹】(きょうげんじょうじゅ)第五則

★既に樹に上りたる時は「牟ムウウ、牟ムウウ」是れ口を開かずして西来意を語っている處じゃ。 ★いまだ樹に上らざる時は「ワン、ワン、ワン」是れ早く口を開いて腸を見せるのじゃ。 (素玄居士) 無門関 【香厳上樹】 (きょうげんじょうじゅ)第五則 坐禅し…

☆★☆★湯 沸(わきた)って茶を淹(い)るるによし(素玄居士)☆★☆pc買い替え、未熟のため6/21まで、このまま!

無門関 【胡子無鬚】(こし むしゅ)第四則 【本則】或庵(わくあん)曰く・・ 西天の胡子(こし)何に因ってか鬚(ひげ)なき 蘆葉(ろよう)の達磨(ひげむじゃらの達磨さん)・・この多毛の外人に鬚(ひげ)がない。ひげがあるのにそれを鬚なし・・という。…

◆肥後の神、鉛筆削りの手がそれて「あいたゝたゝ」と、口は云うなり(素玄居士)

無門関 【倶胝竪指】(ぐてい じゅし)第三則 俱胝老師は、求道者が問答に来るたび、何事も語らず、ただ1本の指を立てて示すだけ。それでも、巷(ちまた)で話題になり、関心を呼んだ。禅庵には、世話をする小僧がおり、使いのついでに見かけると、求道者が声…

●百丈山 堕脱の老人、東京街頭 脱堕の野狐(素玄居士)

さあ・・それでは、これから無門関四十八則・・ (第一則は、ラストにして)第二則から紹介いたします 野狐(ヤコ)禪についてお話します。 無門関 第二則『百丈野狐』にある禪の達道者は、はたして因果(いんが)応報(おうほう)の世界に堕(お)ちるか・・どう…

サナギが蝶になるように・・禅のパスポート=【無門関むもんかん】を意訳します

禅のパスポート=無門関 意訳 2017-4-29~