禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

禅のパスポート 無門関NO9

【楽しみは夕顔棚の下涼み 男はてゝら、女は二布して・・古歌】素玄居士 

 

【本則】ある時、興陽の禅院に住する清譲(せいじょう)老師に、求道者が訪ねてきて問うた。

大通智勝佛=無礙自在(むげじざい)、清浄法身(しょうじょうほっしん)の虚明(きょめい・・実在しない覚者の意。臨済録)が、永劫(永遠)に坐禅したとて、禅を把握できず、禅を悟れないのは、どうしてでありますか? 

(本則、的確に禅の極所をついている問答です)

譲曰く「ナルホド・・その問いは、しごく最ものことじゃ」・・と言われても、求道者にとって、サッパリわからない答え方であり、更に問う。

「長い間、禅院で坐禅修行を続けているのです。どうして見性(悟り)を得ることが適わないのですか」

譲曰く「彼が禅をなさざるがためなり」

仏法佛道を「禅」と言い換えても同じこと。禅者は、例え寺院にいても、仏法が念頭に現前することもなく、仏道を領得することもなく、何事も因縁を結ぶことはない。

どちらにしても、禅者と仏とは、無関係であり、仏となることも出来なければ、仏となることをしないのでもある。

寺院・在家の差別なく、環境、職業さまざまであっても、禅(悟りの)境地に何の関係もないこと。

禅は無一物である。悟りを成すとか・・成らない・・とかの話でないことは、すでに世尊拈花(第6則)の公案で書いた。

禅は自得自悟するもので、則に即することなく、他から与えられるものではない。

サアテ・・その「ZEN」とは何だろうか?

  【本則】興陽(こうよう)の譲和尚(じょうおしょう) 因(ちなみ)みに僧問う、

   大通智勝佛(だいつうちしょうぶつ) 十劫(じつこう)、道場に坐し仏法現前せず。

   仏道を成(じよう)ずることを得ざるの時 如何(いかん)。

   譲曰く、その問い、はなはだ諦當(ていとう)なり。

   僧曰く、すでに是れ道場に坐す。何としてか仏道を成じ得ざる。

   譲曰く、伊(かれ)が成仏せざる(なさざる)が為なり。

 

無門曰く・・釈迦や達磨、達道の禅者たち・・どいつも理知に解するは放任するが、禅(悟り)を得たというのは許さない。

  • 無門曰く、只(ただ) 老胡(ろうこ)の知を許して 老胡の會(え)を許さず、

  凡夫 もし知らば是れ聖人(しょうにん)。

  聖人もし會せば即ち是れ凡夫。

 

この無門の着語・・どうも不十分だ・・と素玄居士。

「禅・・だとか、仏だとか・・何をうるさいやぶ蚊かな」

団扇パタパタ・・「オイ、蚊やりを焚いとくれ」女房、ハイハイ・・と附記。

頌に曰く、身の程のアレコレより心を労することのないのが一番。

禅を領得すれば神仙に同じ。

わざわざ大名に仕立てる手間ヒマはいらない。 

  • 頌(じゅ)に曰く、身を了(りょう)ぜんより 何(なん)ぞ心を了じて休(きゅう)せんにはしかじ。

  心(しん)を了得(りょうとく)すれば身(み)愁(うれ)えず。

  もしまた身心ともに了(りょう)了(りょう)ならば、

  神仙(しんせん)何ぞ必ずしも更に候(こう)に封(ほう)ぜられん。