禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

禅のパスポート 無門関NO10

【ビールの貴きを恐れざれ・・

  水道の麦酒に化せざるを歎く・・】素玄居士 見解(けんげ)

無門関  清税(せいぜい) 弧貧(こひん) 第十則

【本則】俗に「禍いと炊飯ほど出来やすいものはない・・」どうか1分間でも3分間でも、弧貧(白紙)になって坐禅して、自己をかえりみ照らして、自己の主人公(性根玉)をハッキリしてもらいたい」山本玄峰著「無門関提唱」大法輪閣より抜粋

清税という求道者・・あるいは師の禅境地を試す意味で言った、問いかけであろう。弧貧とは、独り窮困して貧乏、腹ペコ。どうぞご飯をお恵みください・・だが・・飯もらいが真意ではない。

「私は、ただ独りにして無一物、心裏にかかる迷い雲なし」・・師よ、このような禅(境地)者に、与える「一語」ありましょうか?・・との公案=検主問・・としておきます。

これに対して、曹洞宗の始祖、曹山は、駘蕩(たいとう)とした境涯を酒中の趣きに形容して、見事に応酬した一語である。

*闍梨は、僧の尊敬語 *青原白家は「灘の正宗」位の酒どころか・・本則 意訳を、生一本、冷で味わいください。

  【本則】曹山和尚 因みに僧 問うて云く 

      清税は孤貧(こひん)なり 

      乞う 師 賑済(しんさい)したまえ、

      山云く「税 闍梨(じゃり)」 

      税 応諾す(ハイ・・と素直に答えた)

   山云く「清原(せいげん)白家(はっけ)の酒 

   三盞(さんさん) 喫(きっ)しおわって猶(なお)いう未(いま)だ唇を沾(うるお)さずと」

     (いったい何杯飲めば、少し酔いましたと云うんだい)

 

【無門曰く】禅は、生活に根差した行いが総てですから、その時々の「禅境地」を試みなければ、進歩したか、退歩したか・・本物か贋物か、よくわかりません。とりわけ骨董、茶器、陶器の類は、割って中の焼成の具合を看なければ、真贋つきにくいといわれます。

さあて清税の貧するところ全く鈍した心根か・・またまた酒を飲んだところ・・銘酒かワインかビールか・・何だろうか。

  【無門曰く】清税 機を輸(ま)く 是れ何の心行ぞ。

   曹山は具眼(ぐがん)にして、深く来機(らいき)を辨(べん)ず、

   しかも是(かく)の如くなりといえども、しばらく道(い)え。

   那裏(なり)か是れ 税闍梨(ぜいじゃり)、酒を喫する処。

【頌に曰く】坐禅して、三昧(ざんまい)の境地になったなどと言うことなかれ。パチンコ、競輪、ギャンブルに夢中になったり、写経や坐禅の真似事をしても、三昧はあり、それを大覚=悟りと誤解してはならない。単に、集中した時の心理作用だから、三昧境は、誰でもなれる心理です。

「貧」の極致は范丹(はんたん)に似たり・・(中国の古歌に・・范丹という人は貧しくとも泰然自若。釜の中に魚を生ず・・と唄われたそうだ)

無一物中無尽蔵の清税は、貧の極致にあるから、気持ちは項羽のごとし。酒を飲んでも、くちびるを潤おさず・・その日暮らしでも、常に満ち足りてある。

(あえて言えば・・御心もまま・・自然法爾に続くのか・・)

【頌に曰く】

貧は范(はん)丹(たん)に似、気は項羽(こうう)のごとし。

活計(かっけい)なしといえども、あえて興(とも)に富を闘(たたか)わしむ。

 

【附記】かって、私が円覚寺に寄宿参禅していた学生の頃、父の(縁、用事)で、吾兄,五郎が山向う東慶寺、松が丘文庫の鈴木大拙先生を訪ねた時、「貧」の一字の扇子を頂き、家宝のように大事にしていたのを思い出します。あの頃は若くて「貧」とか、「無一物」とか、よく納得していなかったです。坐禅は「悟り」の手段ではなく、ただの毎日の心の洗濯、掃除ですね。日頃の暮らしの中に、弧貧の境地が醸成されてこそ、うまき酒になるのでしょう。

現在、つくづくと、提唱する「3分間独りポッチ禅」は、この則、清税「弧貧」の禅といってもいい・・と思います。

孤独を感じ、寂寥を想ったら・・はてなブログ「禅者の一語」/禅・羅漢と真珠・・を覗いてください。禅の本音を露裸々に紹介しています。