禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

禅のパスポート 無門関NO16  

さあ・・この広大な宇宙で、誰もコピペ出来ない・・ただ独りの遺伝子(唯我独尊)をもつ貴方が、目覚ましベルで仕事や家事に精出すのは、どうしてなのだろうか?

 

無門関 鐘聲七條(しょうせい しちじょう) 第十六則

【本則】ベルが鳴ると、学校では教室で集って勉強。会社では営業活動がはじまる。人は、どうして、わざわざ窮屈な真似をして生業(なりわい)に励むのか?

   【本則】雲門曰く、世界 恁麼(いんも)に廣闊(こうかつ)たり。

  何によってか鐘聲裏(しょうせいり)にむかって七條を披(き)る。

 

素玄居士 曰く・・禅は生活や仕事に縛られてはいない。自由ではあるが、理屈で言うのは屁理屈だ。禅が自得だ・・というのは、イチイチ理路整然と納得するのではなく、理解の筋道を絶して自得するにある。

直に、それが行動に跳躍する・・ベルの音に飛び起きるのだ。

注意!禅は直に行動というのではない。行動に理解がはいらない行動だ。ベルの音に縛られるとか、縛られないとか、一切、関係なしの行い・・だ。

素玄居士曰く「一本足の弥次郎兵衛、アッチにふらふら、コッチにふらふら、落ちそうで、落っこちない・・と思っている間に、そうら落っこちた」

 

【無門曰く】参禅は即してはいけない(造作してはならない)

碧巌録の雨滴声(うてきせい第四十六則)に、衆生は顛倒(てんどう)して己に迷って物を逐(お)うとある。

鐘の音や桃の花を見て悟入することはあるが、悟ればその声色を自由に駆使するのが禅者である。

声が耳に来るか・・耳が聲の所に行くか・・そのどちらでもない妙・・目で聞き、全身で見る・・それが禅者である。

   【無門曰く】

   おおよそ参禅学道は、切に、声にしたがい、色を逐(お)うことを忌(い)む。

   たとえ声を聞いて道を悟り、色を見て心明らむるも、またこれ世の常なり。

   ことに知らず、衲僧家(のうそうけ) 聲に騎(の)り色を蓋(おお)い、

   頭(ず)頭上(ずじょう)に明に 著々上(じゃくじゃくじょう)に妙なることを。

   しかもかくの如くなりと言えども、しばらく道え

   聲 耳畔(じはん)に来(きた)るか、耳 声邊(せいへん)に往(い)くか。

   たとい、響寂ならび忘ずるも、ここにいたって如何(いかん)が話會(わえ)せん。

   もし耳をもって聴(き)かば、まさに會(え)し難(が)たるべし。

   眼處(げんしょ)に声を聞いて、まさに始めて親(した)し。

 

【頌に曰く】禅が手に入れば、万象もわれに同じ。

未悟は森羅万象(しんらばんしょう)、千差萬別(せんさまんべつ)。

されど未悟そのものも万象の一員なり。

會も不會も同じこと。世界はひどく広濶(ひろひろし)だ。

    【頌に曰く】會(え)すれば、すなわち事(じ)、同一家

    會せざれば萬別千差(まんべつせんしゃ)。

    會せざれば事、同一家、會すれば萬別千差。

(この偈は、同じことを繰り返して、あまり知恵がない・・と、素玄の附記あり)