禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

禅のパスポート 無門関NO23 「伝法の袈裟、燃やせば煙バカリでいかん。枯れ枝を集めて焚き木して芋でも焼こうぞ。 

この、六祖恵能が大庾嶺(だいゆれい)で神秀(じんしゅう 明)上座と衣鉢の取り合いを演じた・・二十三則の前には、蘄州(きしゅう)黄梅県、東馮墓山(ひがしひょうもざん)の五祖弘忍(ぐにん)を訪ねる、嶺南(れいなん・・南蛮(なんばん)、獹獠(かつろう)/野蛮な猿猴(えんこう)の住人)の薪売りで母を養う蘆(ろ)行者(あんじゃ)=曹渓(そうけい)恵能(えのう 638~713)の、求道見性の話がある。

菩提(悟り=悟道の人)はあるのか・・その悟境(地)はどんなものか・・禅を伝燈するにあたり、頌偈(じゅげ)を求めた五祖弘忍に、暗夜、明上座は一篇の禅境詩を書き付けた。

   身是菩提樹   わが身こそ悟りの樹なり

   心如明鏡台   ココロは磨かれた鏡のごとき

   時々勤払拭   迷いの曇りを磨き上げして

   莫使染塵埃   ホコリやチリに汚染されぬようにすべし

あくる朝、壁に書かれた偈を読んでもらった、字の書けぬ蘆行者はついでに、ワシの詩を頼んで二つ書いてもらった・・と、正直に六祖壇経(敦煌本・恵能自叙伝)にある。

   菩提本無樹   もともと悟りに樹はよけい

   明鏡亦無台   ココロを支える台いらず

   仏性常青浄   ZENはつねに清らかソノモノ

   何処染塵埃   いったい何処にホコリつくかナ

その2 禅は学んでもつまらない。

    禅にめざめ体得してこそ大事だよ・・

   心是菩提樹   ココロこそ悟り・ZENソノモノで

   身為明鏡台   おのれは鏡の台ソノモノだ  

   明鏡本清浄   モトモトきよらかソノモノなのに

   何処染塵埃   どんなにしてもホコリはつかぬぞ

恵能の見性を見届けた弘忍は、伝燈の要らざる争いを予測して、ひそかに衣鉢を与えて船でのがすが、明上座は逃がすものかと、あとを追いかけ、この大庾嶺での舞台の幕が開く。

ただし、学者が面白おかしく解説しても、薬の効能書きを読んでも病気は治らない・・ごとく、自分が自分の心(本来の面目)を攫まないと、誰かがつかんでくれるなど期待したら大間違いだ。

サア、云く因縁はここまでにして、釈尊伝来の衣鉢を奪い取ろうとして、追いかけてきた明上座のソレカラ・・を見てみよう。

 

無門関  不思善悪(ふしぜんあく)第二十三則

【本則】上座・・ようやく山頂で蘆行者(恵能)を捕まえた。

彼は石の上に衣鉢を置いて、明上座に語りかけた。

「この衣鉢はZEN=悟りを表すもの・・力ずくで奪うものものでも、奪えるものでもない。ほしければ君が持ち去るがよかろう」

じゃ、遠慮なく頂きます・・と、取り上げようとしたが、やましい気持ちが邪魔をして、山のように重く感じて持ち上げられなかった。

往くも帰るもならず、ギラギラした燃える目で蘆行者を見上げた明上座「私は衣鉢の為に追いかけて来たのじゃない。菩提樹もなく明鏡台もない・・偈の真意が知りたいのです。どうぞ開示してください」と詰め寄った。蘆行者は、脂汗を流す明上座を傍らの石に座らせて云う。

「ここに至って、イイも悪いも価値損得は捨てなさい。さあ、この今がいま、本当の君自身とは・・」とするどく問われて・・上座は直観、省悟した。

緊張の糸が途切れて、汗やら涙やら溢れ出てきた。

「ありがたいことです。いいも悪いも基準点が消失しました。このカラッポの密語密意の他、見性の意旨はありましょうか」

蘆行者「説いたことも、君が得たことも密なるものじゃない。今、君が自分の面目を返照すれば密はかえって自分の周りにある」

「イヤハヤ黄梅山では修行が大事とばかり、本来の面目を失っておりました。いま、水を飲んで冷暖自得の心地です。行者こそ、私の師です」「(そうした禅境地なら)ワシと君と、一緒に黄梅の弘忍老師を師としよう。善く自ら、コレを護持しなさい」

  【本則】六祖、ちなみに明上座、追うて大庾嶺に至る。 

   祖、明の至るを見て即ち衣鉢を石上になげうって云く「この衣は信をあらわす。

   力をもって争うべけんや。君が持ち去るにまかす」

   明、ついにこれをあぐるに山の如くにして動ぜず。

   踟蹰悚慄(ちちゅうしようりつ)す。

   明云く「我きたって法を求む、衣のためにするにあらず。

   願わくば行者(あんじゃ)、開示(かいじ)したまえ」

   祖云く「不思善不思悪(ふしぜん ふしあく)、

   しょうよもの時、那箇(なこ)か是れ明上座が本来(ほんらい)の面目(めんぼく)」

   明、当下に大悟し、邊体(へんたい)汗ながる。

   泣涙作禮(きゅうるいさらい)して問うて曰く

   「上来(じょうらい)の密語(みつご)密意(みつい)のほか、

    かえって更に意旨(いし)ありや否や」

   祖曰く「我いま汝がために説くものは、すなわち密にあらず。

   汝もし自己の面目を返照せば密はかえって汝が邊(へん)にあらん」

   明云く「それがし、黄梅にあって衆にしたがうといえども、

       実に未だ自己の面目を省(せい)せず。

   いま入處(にゅっしゅ)を指授(しじゅ)することを蒙(こうむ)って、

   人の水を飲んで冷暖(れいだん)自知(じち)するがごとし。

   いま行者はすなわち某甲(それがし)が師なり」

 祖云く「汝もし是の如くならば、すなわち吾と汝と同じく黄梅を師とし、よく自ら護持せよ」

 

素玄曰く 大庾(だいゆ)嶺上(れいじょう)、衣鉢(いはつ)を擲(なげう)ち、おもむろに腰の煙草入(たばこい)れを探(さぐ)れば、明上座すでに来たって悪鬼に似(に)たり。

大庾嶺上(だいゆれいじょう)風冷なり。傳衣(でんい)を焚(た)いて暖(だん)をとる。(糞造衣は煙バカリでるのう・・枯れ枝を集めなさい)

密(みつ)は汝の邊(ほと)りにあり。

 

【無門云く】大庾嶺の山頂で、目を血走らせて求道、問法の明上座を相手に、事情切迫のため、ZENの殻をむきタネを取り去り、食べやすい大きさに切って、フォークにさして口元に運んでやる・・とは・・。だから蘆行者・・いつまでも頭を剃らず、素人ぶって放浪していたのか・・親切にもホドがある。

  【無門云く】六祖 謂(いい)つべし、

   この事は急家(きゅうけ)より出(い)ずと、老婆(ろうば)親切(しんせつ)なり。

   たとえば新荔支(しんれいし)の殻(かく)を剥(は)ぎ終り、

   核(かく)を去りおわって爾(なんじ)が口裏(くり)に送在(そうざい)して、

   ただ爾が嚥一嚥(えんいちえん)せんことを要するが如し。

 

【頌に曰く】この思わざること・・絵にも筆にも描き切れないが、そうかといって、生半可に納得したふりをしてはダメだぞ。

本来の面目は、隠すに隠せないものだ・・「密」というのを「秘密」としたらアカン!・・と素玄居士の注意書きがある。

ただの「極所・奥底・禅」の意とすべし。

それは何もかも丸出しのモノじゃ。

破壊も朽ち果てることもない。

(この頌 拙劣であると、素玄居士 吠えています)

   【頌に曰く】描(びょう)すれども成らず画(えが)けども就(な)らず、

   賛するも及(およ)ばず生受(しょうじゅ)することを休(や)めよ。

   本来の面目、隠すにところなし、

   世界 壊(え)する時、渠(かれ)朽(く)ちず。

 

はてなブログ「羅漢と真珠」「禅者の一語」ご覧ください!