禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

禅のパスポート 無門関NO25 (無い門を) 叩けよ・・さらば開かれん!(seisyo no Kopipe)

    無門関 三座説法(さんざ せっぽう)第二十五則

【本則】潙山霊祐の弟子、仰山(ぎょうさん慧寂けいじゃく 814~890)潙仰宗(いぎょうしゅう)の開祖の夢談義。

彌勒(みろく)菩薩(ぼさつ)の所に招待されて、第3座(講演)を依頼された。

司会者がカチンと机を打って(白槌)、居並ぶ菩薩や羅漢、居士達が注目する中、仰山を紹介した。

仰山「それ摩訶衍(まかえん)・・大乗(禅)の法は・・四句(一異有無を離れ)×過去+現在+未来+未起+巳起=百非・・を絶す。

よくぞ、大事なコノコトにお付き合い頂いた」と喋った所で・・目が覚めたトサ。

禅語、問答に出てくる定番「四句百非」わざわざ勘定するに及ばない・・要は言語を絶する・・禅の意。

坐禅して何か納得できたら、早く行動して身に着けて、「コノコト」の覚悟は忘れることだ。

上味噌は、ミソ臭くはない。

 【本則】仰山(ぎょうさん)和尚 夢に彌勒(みろく)の所に往(ゆ)いて第三座に安(あん)ぜらる。

    一尊者あり、白槌(びゃくつい)して云く。今日(こんにち)第三座の説法に當たる。

    山すなわち起って白槌して云く、

    摩訶衍(まかえん)の法は、四句を離れ百(ひゃく)非(ひ)を絶す。

    諦聴(たいちょう)、諦聴と云うを見る。

*禅は、四句百非・・仏教学を学ぶのではないから、月を指さす指先のゴチャゴチャした文句は学者にまかせて、直ちに本題の月を仰ぎ見るがよい。白槌で始り白槌で了わる・・それが禅です。

 

素玄云く・・寝言歯ぎしり、喰い過ぎのとが。

【無門云く】無門も「コノコト」の例えようがなく、仕方なく、似たような文句を並べただけ。

水槽の酸欠でクチヲパクパク足掻いている・・金魚のような菩薩サン達だ。

禅から遠きこと十万八千KM。

   【無門云く】しばらく道(い)え、これ説法するか、説法せざるか。

         口を開ければ即ち失(しっ)し、口を閉じればまた喪(そう)す。

         開かず閉じざるも、十萬八千。

*十萬八千KMとしたが、八萬四千の法蔵の経といい、読み終わり、納得するのに、どれほどの時間経過が必要か・・解からない・・の意。

 

【頌に云く】すべての生活と社会は、本来、カラリとした青空の境地なのに、夢の中で夢を説く・・騙されるなよ!目を覚ませ!

煩悩即菩提(ぼんのう そく ぼだい)だぞ!

   【頌に云く】白日(はくじつ)青天(せいてん) 夢中に夢を説く。

         捏怪(ねつかい)捏怪、一衆を誑謼(おうこ)す。