禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

禪のパスポート・・無門関 第二十七則 素玄居士提唱(意訳)

     無門関 不是心佛(ふぜ しんぶつ)第二十七則

【本則】素玄居士提唱(今回も原文のまま、意訳しません)

人のために説かざる・・の法は・・何のための法か。

人だとか犬だとか馬や木や、そんな相手を目当てにせぬ法もあるのじゃと、南泉も出鱈目(でたらめ)なことを吐(ぬ)かすが、これも南泉の手腕じゃ。

禪をしっかり掴んでおれば、何を言っても、それが通るのじゃ。

さすがに趙州の先生ほどあって すらすらとよくも口から出るわい、この心を不とし、この佛(禪)、この物を不とするのじゃと、萬象を抹殺し去って・・この何をか説く。

 

  【本則】南泉和尚 ちなみに僧 問うて云く

  「還(かえ)って人のために説かざる底(てい)の法ありや」

   泉云く「有り」

   僧云く「如何なるか是れ 人のために説かざる底の法」

   泉云く「不是心(ふぜしん)、不是佛(ふぜぶつ)、不是物(ふぜもつ)」

 

素玄曰く 欧亜連絡、仏国ドレ機、高知海岸に不時着。

      飛行機大破。二鳥人は軽症、まずまず安心。

*ちょうど、こうした大陸横断のフランス機が高知県に不時着する事件があったようです。飛行士2名は軽症で無事との報道に、素玄居士、一安心した様子がうかがえます。

*1937=昭和12年5月26日夕方、フランスから香港経由、東京に向かう百時間懸賞飛行の中、コードローンシムーン単葉ツーリング機、搭乗マルセル・ドレー/フランソワ・ミケレッチは、四国の戸原海岸に不時着。2名は地元の人々に軽症で救助された。のちフランスに帰国。同時期、星の王子様で有名なサン・テグジュベリもサハラで不時着し、九死に一生を得ている・・そうだ)

 

【無門曰く】(この・・無門曰くと、頌に曰く・・は、どの則も、私の意訳です)

あんまり説きすぎるのも良くないゾ。

隠すこと一切なし・・とはいえ、隠さなすぎるのも問題。私財のありたけを放り出してしまって、どうするつもりかな。

 【無門曰く】南泉この一問を被(こうむ)りて、直に得たり 

  家私(かし)を揣盡(しじん)して 郎當(ろうとう)小(すく)なからざることを。

 

【頌に曰く】説きすぎは自分の徳をそこなうばかりか、お釈迦様まで傷つけることになる。

いっそのこと黙っておればよかった・・。

たとえ、地球の海水が1滴も無くなろうと、こんなことはイワナイ・・の覚悟でおれば、すべてが安泰だっただろうに・・。

  【頌に曰く】叮嚀(ていねい)は君徳(くんとく)を損(そん)す。

        無言 眞(まこと)に功有(こうあ)り、さもあらばあれ、

        滄海(そうかい)は変ずるとも、終(つい)に君が為に通(つう)ぜず。

 

奉魯愚「禅者の一語・・碧巌録意訳/羅漢と真珠・・禅の心、禅の話」おりにご覧ください。

            有(会)難うございました。