禅のパスポート

禅語録 無門関no解釈to意訳

禅のパスポート ◆だんまりの親の靴底・・苦労を語る! 

 

        禅のパスポート 無門関NO34  

 

    無門関 智不是道(ち これ みちならず)第三十四則

 

    【本則】南泉云く 心これ佛(禅)ならず 智これ道(禅)ならず

【本則】(素玄提唱)心も知も思慮分別で同じ意味じゃ。

佛も道も同じく禅のことじゃ。

同じことを別の文字で現したまでじゃ。

前に 人の為に説かざるの法も本則も同じじゃ。

禅語は同義語を いろいろにコンビネーションをするから、その文字に捉われると五里夢中になる。そこを未悟底(みごてい)がいろいろに講釈するから、なお解からなくなる。思慮分別したら禅がなくなると云うので、従前 いくたの則と違わない、心不佛、智不道は 即心即佛とも違うようで違わぬようなもんじゃ。

文字の駆使の巧妙は禅文学だね。

 

素玄居士曰く・・子供が西洋料理を一度食べたい、食べたいとぬかすので「エエイ、このガキめが」とコボシコボシ、横町の食堂にライスカレー1枚とコーヒー1杯。

 

  【無門曰く】南泉いいつべし、老いて羞(はじ)をしらずと。

   わずかに臭口(しゅうく)をひらいて、家醜(かしゅう)外に揚ぐ。

   しかも かくの如くなりといえども、恩を知る者は少なし。

 

【無門曰く】いろいろと禅者は、言わでもがなに、禅について示すのだが、月を指す その指さきをみて月だという輩とか、月を見て、月見ダンゴをたべたいとか、造作する者ばかりで、ホントに解かるものは皆無だな。

 

  【頌に曰く】天はれて日頭(にっとう)出で、雨くだって地上うるおう。

   情をつくして すべて説きおわる。

   ただ、おそらくは信不及(しんふきゅう)なることを。

 

【頌に曰く】太陽あれば、今日も天晴れ!

雨降れば、緑為す山並み・・

禅とは、このようなものだと、アリノママ天地同根に見せびらかしているのに、独り一人、気づかず宝のもちぐされ。

ケチをつけたり、他人との比較で愚痴ばかりだ。

中には信仰まで持ち出す者がいるけれど、禅はもともと哲理とか欣求とかに即することなし。